個人と組織化の違い

人に何かを伝えるからには人から多くを学ばなければいけない。

昨日はお世話になっている物販メンターのアズサさんのところに行ってきました。

今では十数店舗のネットショップを運営する会社の社長さんですが、昔はせどりをやっていたそうです。従業員2〜3人の頃ですら月商3000万くらいあったみたい。いや〜すごい。

今回教えてもらったのは組織化についてです。

僕は現在7名体制で会社をやっていますが、アズサさんは50名を超えてます。僕と比じゃないくらい色んな問題を乗り越えてきました。

 

従業員のテンションの上げ方、目標に対するビジョンの描き方、利益の上げ方など参考になることが多かったです。

 

特に印象に残ったのはアズサさんが従業員にいつも言うこのセリフ。

 

「利益そのままで売上だけ上げたら仕事増えるぞ。給料も上がらんぞ。楽して結果出したいなら利益を上げろ」

 

 

なるほどなーって思いました。

利益率を下げてバンバン回すと作業量も増えて経費も上がります。これじゃ誰も報われません。

少ない作業量で最大の成果を出すにはやはり利益率が重要なんです。利益率が低い状態での規模拡大はかなりしんどいみたいです。

 

でもせどりを個人でやっている場合は別ですよ。

特にせどり初心者の場合は薄利でもいいから一気に売り上げを上げてステージを上げるべきです。ぼくもコンサルではこれをやってます。あとから利益率を調整をしていき、最終的に高いステージまで上げ利益が残るようにしていきます。

 

この話を何ヶ月か前にアズサさんから聞いたとき、すぐ物販のやり方を変えました。今ではAmazon30%、ヤフオク35%、メルカリ58%まで上がったのでやって良かったと思っています。

 

組織化をしてるかしてないかで考え方は全く違います。なのでで人を入れるタイミングかあれば、考えを改めるのも良いかもしれません。

 

では。

 

Twitterフォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。