みんなが幸せになる販売戦略

作業を減らして利益を上げる。組織化で重要なことはコレ。

昨日は事務所移転のため物件を見に行ってました。ここめっちゃ綺麗で気にいったのに、エレベーターが狭すぎたw。

物販やからエレベーター重視しないといけないからなかなかないぞ。環境を整えるのもトップの仕事やからね。頑張って探します。

昨日は社員とヤフーショッピングの商品の単価UPに向けて施策を練りました。

まずは、売れてる商品を調べます。

 

 

  1. 月に1500個以上売れてる商品 1個
  2. 月に500個以上売れてる商品 1個
  3. 月に300個以上売れてる商品 3個
  4. 月に200個以上売れてる商品 4個
  5. 月に100個以上売れてる商品 6個

 

 

売れてる順を調べたのは、売れる商品の単価をあげた方が効果があるからです。

売れない商品の単価を上げてもあんまり意味ありませんからね。

 

この後、これら商品の単価を調べます。価格が安いのか高いのかを見ます。

商品単価が高ければ50円の値上げは可能ですが、低ければ50円上げるのもしんどいからです。

 

 

次にライバルチェックです。

ライバルがいくらで出品しているか調べます。

ライバルが高く出品していたら自分も高くしてもいける。でも安く出品してる人が多かったらきつい。って感じです。

 

 

そして、最後に商品バナーの依頼。

バナーが弱いまたは数が少ないものを選んで外注に振ります。

お客さんにわかりやすく魅力的なバナーになれば確実に注文数は増えます。

そしてそのタイミングで単価を上げる作戦です。

 

 

成功したら数万変わってくるので配送料値上げの対策になります。

 

「何としても成功させたい。頼んだ。」

 

って社員に言ってますw

 

 

うちの会社は、仕入れ担当と販売担当とで業務を分けています。なので利益を上げることを目標にする時、

 

仕入れ担当は

  • 仕入れ原価を安くする
  • 配送料を安くする

 

販売担当は

  • 販売単価を上げる
  • ページビューを増やす
  • 購買率を上げる

 

など試行錯誤します。

 

 

仕入れ原価が安くなり、販売単価も上げることに成功したらかなり大きいことです。

作業量変わらず利益が増えることになりますから、

 

月1500個売れてる商品単価が100円上がれば、15万円変わります。

 

パートさん2人増やせますね。

そしたら業務が楽になるからみんな幸せになれます。

 

だから、何としても頼む。っと言ってますw

 

これがショップ組織化の面白さですね。

 

では。

 

こちらでも記事更新しました1/31(木)

↓↓↓

頑張っているけど結果が出ない人は

 

豪華特典をゲットしよう!

Twitterフォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。