せどり初心者が低リスクで始められるおすすめジャンル「本せどり」

 

せどりブログshopuuです。

 

せどり初心者の方、せどりを始めたばかりの方は、こんな悩みを抱えていませんか?

  • せどりで稼ぎたいけど、何から売ればいいの?
  • 少ない資金でも仕入れられるジャンルってないの?

 

せどりを本格的にやっていきたいという思いはあるもの、せどり初心者の方の多くが抱える悩みは「資金不足」だと思います。

 

そんな方におすすめしたいジャンルが、「本せどり」です。

 

数あるせどりのジャンルのなかでも、本せどりは誰でも気軽に始めやすいジャンルとされています。

 

今回は、せどり初心者の方におすすめの本せどりについて紹介したいと思います。

 

「本せどり」とは?

本せどりとは、文字通り

「本(漫画・雑誌も含む)を安く仕入れて、仕入れ値より高く売り、差額で利益を出す」

ビジネスのことです。

 

少し前までは

「せどり=本せどり」

を表すほど、メジャーなジャンルでした。

 

本せどりも、他のジャンルと同様に、差額の出る商品を探し、仕入れることになるのですが、

 

希少価値の高い本が見つかれば、定価の何倍もする価格で売れることもあります。

 

特に本の場合は、絶版になり今後新しく印刷されることがなく、新品が出回っていないケースが存在します。

 

このような本は特に高値で売れやすくなる傾向にあるのです。

 

本せどりは、そんなお宝を見つけていくことも、ポイントになってきます。

 

本せどりのメリット

せどり初心者の方に、本せどりをおすすめのメリットは、大きく分けて5つあります。

  • 少ない資金で仕入れ可能(低リスクでスタートできる!)
  • 出品規制がない
  • 保管しやすい
  • 自分でも楽しめる
  • 梱包が簡単

 

それでは、一つずつ解説していきます。

 

1.少ない資金で仕入れ可能

せどり初心者の方にとって、本せどり最大のメリットは、なんといっても仕入れ費用を少なく抑えることができるという点です。

 

本の定価は、数百円のものが多く、高くても基本的には数千円以内です。

 

その為、仕入れ値も100円程度のものがたくさん存在するので、予算の限られた方でも気軽に始めることができます。

 

少ない予算で仕入れが出来るということは、「低リスク」で仕入れが出来るということです。

 

たしかに、1点数万円する高額な商品を仕入れた方が、1点あたりの利益は大きくなり稼ぎやすいことは間違いありませんが、初心者にとって万が一売れ残った時のリスクが大きすぎます。

 

軌道にのって、何十万円も仕入れに使うことが出来るのなら話は別ですが、

 

せどり初心者の方が、ただでさえ資金集めに苦労している中でいきなり数十万円の予算を投入するのは、あまりに怖いですよね。

 

本せどりであれば、万が一失敗、売れ残ってしまっても数百円から数千円の損失で済みます。

 

なので、低資金で仕入れることが出来るという点は、

せどり初心者だけに関わらずかなり大きなメリットと言えます。

 

2.出品規制がない

Amazonで販売されている一部のメーカーや、商品カテゴリーには、Amazonから許可を取らなければ出品することが出来ないという、「出品規制」があります。

 

出品規制のある商品は、せどりで扱えない

たとえば、CDやDVD、おもちゃや家電などのジャンルは、一部商品に出品規制がかかっています。

 

また、ヘルス&ビューティー等のジャンルはそのジャンルごとに出品規制がかかっています。

 

この出品規制がかかっている商品をAmazonで販売するためには、必要書類を準備しAmazonへ提出し、審査を通らなければなりません。

 

ちなみに必要書類とは

  • 商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書
  • 商品の販売を許可するメーカー(ブランド)からの書類

 

のうち、いずれかの書類を提出する必要があります。

 

「出品規制のかかった商品は仕入れない」が、Amazonでせどりを行う上では、必須の条件です。

 

本は、出品規制対象外

本(書籍)に関しては、現在出品規制がかかっていません。

 

そのため、商品を仕入れる際に毎回

「この商品は、出品規制商品ではないだろうか?」

と気にする必要が一切ないのです。

 

せどりを始めたての頃は、仕入れをするときに、気にしなければならないことが山のようにありますよね。

 

慣れるまでは、一つの商品を仕入れるに値するか、モノレートで確認するだけでも相当な時間がかかってしまうでしょう。

 

そんな時、出品規制の有無を確認する必要がなくなれば、仕入れ段階での確認項目が一過程省略することができるので、これも大きなメリットと言えるでしょう。

 

商品の保管がしやすい

商品を仕入れた後は、もちろんその商品が売れるまで、自宅などで保管をしなければいけません。

 

商品を少しでも高く売るためには、クリーニングをして価値を上げることももちろん大切ですが、保管期間中に商品の状態をキープし、劣化させないことも重要です。

 

本は、誤って落下させてしまっても、大きな傷がついたり、壊れてしまう心配はありません。

もちろん賞味期限や使用期限もありません。

 

注意すべきことと言えば、水に濡らさないこと。

直射日光を避けた、湿気の少ない所に、段ボール箱に入れて保管しておけば、特に問題もないでしょう。

 

商品を“自分でも”楽しむことができる

本せどりの魅力は、在庫として管理している間、自分でも読んで楽しむことが出来るというメリットもあります。

 

箱を開封する必要もありませんし、状態を維持できるように、折れたり汚したりしないようカバーを付けるなど工夫をすれば、自分の好きな本を読むことが出来ます。

 

もちろん自身の趣味を楽しむことはもちろんですが、読書はせどりをする上でもとても重要なことです。

 

様々なジャンルの知識や情報を蓄えることで、

  • 需要があるのは、どのような本なのか?
  • 売れやすい本には、どんな特徴があるのか?

 

普段は決して購入することのないジャンルの本も読むことが出来るので、これらの特徴を自分なりに理解して把握することが出来れば、今後の仕入れにおいても、かなり役に立ってきます。

 

ただ、無料で読書が楽しめるっていうだけではない、これも素晴らしいメリットです。

 

梱包が簡単

最後は、梱包についてです。

商品が売れれば、その商品を購入してくれた人へ発送しなければいけません。

 

自己発送をしている場合はもちろんですが、FBA(Amazonの保管・梱包・発送代行サービス)を利用するにせよ、FBA倉庫に発送する必要があります。

 

今回は、初心者の方を前提に、「自己発送」をベースに話します。

 

本は、先ほどの保管のところでも説明しましたが、「壊れる」ということは基本的にありません。

 

そのため、梱包の際に、厳重にクッション材を入れる必要もなければ、形も基本的に個性的なものもないので、各種封筒をうまく使うことが出来ます。

 

気にすることと言えば、やはり水塗れなので

クリスタルパック等で包み、防水対策だけは行いましょう。

 

本せどりのデメリット

次に、本せどりをするにあたってのデメリットも4つ紹介します。

  • ライバルが増えやすい
  • シーズンによって価格が大きく変動する場合がある
  • 仕入れのとき重い
  • 検品に少し手間がかかる

 

ライバルが増えやすい

冒頭で、本せどりはせどり初心者の方も始め易いという話をしました。

 

低資金から始められるため、参入ハードルはかなり低めです。

 

これはもちろんメリットであるのですが、同時に、同じ考えを持つライバルが増えやすいというデメリットにもなりえます。

 

もちろんライバルが増えれば増えるほど、稼ぎにくくなるのは当然ですので、デメリットの一つと言えるでしょう。

 

シーズンによって価格が大きく変動する場合がある

本は、時期によって大きく価格が変動する、特に値下がりしてしまうケースがあります。

 

例えば、その傾向が顕著に表れるのが、「参考書」や「入試問題集」等です。

 

これらは年度末の1~3月頃の受験シーズンが過ぎると、軒並み安くなる傾向があります。

 

本せどりは、扱う商品の単価自体が高くないため、たった数百円の値下げだったとしても、利益率がかなり悪くなってしまうのです。

 

これは、本せどりで儲けるためのポイントにもなるのですが、本の売り時を見極めて、値段が高騰しているうちに、値下がるタイミングの前に売りさばくように心がけましょう。

 

先程の参考書の話でいうと、受験シーズン前はかなりの需要があるのでそのタイミングにあわせて出品するとよいでしょう。

 

仕入れの時に重い

ネットで仕入れる場合は、問題ありませんが、店舗せどりの場合、一日で大量の本を仕入れた場合、単純にかなり荷物が重たくなります。

 

店舗せどりの場合、休日などに一日使って複数店舗で仕入れを行うときは、それなりの量になると思います。

 

荷物持ち係を雇う訳にもいきませんので、基本的には、車移動がおすすめです。

 

最近では、数時間単位で借りることのできるカーシェアのサービスも普及しているので、車をお持ちでない方も週末限定でレンタルする等、効率よく仕入れられるように検討してみてください。

 

検品に少し手間がかかる

これは、本せどりに限ったことではありませんが、

  • 仕入れた商品に何か問題はないか?
  • 附属品は全て揃っているか?

 

「検品」する必要があります。

 

商品をAmazon上で出品する際には、その商品のコンディションを正しく把握し、嘘偽りなく記載をしなければなりません。

 

あとから購入者にクレームを入れられて、返品されてしまっては元も子もありません。

 

本の検品は、より慎重に

本の検品では、主に、

  • 何か書き込まれたページはないか?
  • 折れている、敗れているページはないか?
  • 表紙、裏表紙の状態はどうか?
  • 帯や付録はついているか?
  • 色あせやヤケなどはないか?

 

等がチェック項目に挙げられます。

 

パッと見た感じは、状態がきれいそうに見えても、中のページを確認すると、書き込みがあり、価値がガクっと落ちてしまうなんてこともよくあります。

 

特に、雑誌の場合は、附属品があって初めて価値があるケースが多いです。

 

本せどりは、1点あたりの利益がそこまで大きくない分、多く仕入れて、多く売る必要があります。

 

必然的に検品の数も増え、1点あたり数百ページの検品が必要になるので、少し手間はかかってしまいますが、ここは後のトラブルを防ぐためにも、手を抜かず、正確に行いましょう。

 

本せどり仕入れの基準

次は、「どんな基準で、本を仕入れれば良いのか?」という問題です。

 

商品を仕入れる際は、必ずモノレートを使うことになります。

 

モノレートを使った「儲かる商品」の見つけ方については、他の記事で詳しく解説していますので、よろしければそちらの記事を確認してみて下さい。

 

本を仕入れるときに確認すべき5つのポイント

今回本を仕入れる基準については、5つのポイントをザックリ説明します。

 

詳しくは、別の記事でまとめようと思いますので、ぜひそちらの記事をご覧ください。

 

手元に残る利益がいくらになるのかを確認する

せどりは、「仕入れ値と売り値の差額で利益をあげるビジネス」です。

それは、もう十分に理解してもらっていると思います。

 

そこで、本せどりをする上で、特に注意してほしいことがあります。

それは、「手数料」についてです。

 

本は1点当たりの利益はそこまで大きくなく、いわゆる薄利多売になる傾向が強いです。

 

ここで大切なのが、単純に

「売り値」-「仕入れ値」=「利益」

 

と考えるのではなく、

様々な手数料・送料等がひかれても利益が十分に確保できるか、確認する必要があります。

 

  • 販売手数料
  • カテゴリー成約料
  • 基本成約料
  • 送料

※小口出品プランの場合

 

これらを差し引いたうえで、利益が出るか、をきちんと考えましょう。

 

Amazonランキング

商品の売れ行きを判断することが出来ます。

 

本せどりの場合の一つの目安をお伝えします。

  • 10万位以内→回転率もよく、仕入れても大丈夫
  • 10万位~30万位→ある程度の利益率があれば仕入れても大丈夫
  • 50万位以降→要検討(モノレートで、期間を延ばして検証)

 

本のコンディション

Amazonで中古品を出品するときには、商品のコンディションを登録する必要があります。

  • ほぼ新品
  • 非常に良い
  • 良い

 

もちろん、購入者の心理として状態の良いものの方が売れやすく、値段も高くつけられる傾向にあります。

 

仕入れる本の状態が、どのコンディションなのかも重要なポイントです。

 

特に本は、検品のところで説明したように、ページのごと折れや書き込みまで細かく確認する必要があるので注意が必要です。

 

まとめ売りを活用する

ブックオフやGEOなどの古本屋やTSUTAYAなどのレンタルショップで、マンガが数冊セットになって売られている光景を見たことはありませんか?

 

まとめ売りされている商品は、利益の出る可能性があります。

 

セットで売った方が高値で売れるため、ブックオフなどの店舗もこのような販売戦略をたてたり、レンタルショップの場合は、レンタル落ち(レンタル本として使っていたが劣化などが激しくなり、中古本といて販売している本)を、セットで販売しています。

 

人気シリーズのマンガのセットは、とても高くて手が出せませんが、中にはかなり値引きされている商品があります。

 

実は、店舗でのまとめ売りは、買った後かなりの大荷物になるため、お客が嫌がり、売れ残るケースも多いため、店側が値引きしているケースがあるのです。

 

まとめ買いした時の、1冊あたりの仕入れ単価は?

例えば、20冊セットの漫画が1,000円で売られているとしましょう。

すると、1冊あたりの仕入れ単価は、50円。

通常、古本屋等で1冊ずつ中古本を仕入れるときは、だいたい100円~です。

これだけでも、まとめ買いがお得だと分かりますね。

 

また、Amazonで売られる際も、1冊100円をベースに値段がつけられることが多いために、利益も大きくなることが期待できます。

 

完結しているマンガがおすすめ

ちなみに、まとめ売りをする場合は、完結しているマンガの全巻セットが一番おすすめです。

 

もちろん連載中のマンガが売れない訳ではありませんが、今後単行本が出る度に、また新しいものを買わないといけない「面倒くさい」という感情がお客に生まれ、完結しているものの方が安定して売れやすい傾向になるのです。

 

本せどりでどの程度の利益を目標にするか

何度も説明しているように、本せどりは1点あたりの利益があまり多くなく、薄利多売になりやすいジャンルでもあります。

 

もちろん、リスクも少ない分、初心者の方が始めやすい理由にもなります。

 

あとは、あなたがこの本せどりで、どれだけの利益をあげることを目指しているかも重要な基準になるのです。

 

  • 利益は本1冊あたり100円程度だが、それを1,000回繰り返して、100,000円を稼ぐ

のか?

  • 利益は本1冊あたり1,000円のものだけを狙い、それを100回繰り返して、100,000円を稼ぐ

のか?

 

どちらが悪いわけでもありません。

 

  • 前者は、仕入れのハードルは下がるため、商品を見つけやすいが、かなりの個数を販売しなければならないので、労力がかなり必要になる。

 

  • 後者は、仕入れのハードルが高く、商品を見つけるのは難しいが、販売個数は少なく済むので、作業件数は少なくて済む。

 

ここは、あなたが進みたいと思う選択をすべきだと思います。

 

以上、今回は簡単ではありますが、仕入れるときに考えるべき基準・目安について説明しました。

 

本せどりの仕入れ場所

本せどりの仕入れ場所は、基本的にはブックオフなどのリサイクルショップ・古本屋が中心になります。

 

ブックオフは、あなた以外にもたくさんのライバルが足を運んでいるでしょう。

 

もちろん、日々新しい本を買い取っているため、こまめに通って確認することは大切です。

 

後は、

  • 店舗ごとのセール情報
  • 原作小説・漫画の映画化・ドラマ化・アニメ化などのトレンド情報

 

などのお得な情報を見逃さないことも大切です。

 

ちなみに、セールの日はライバルも多数仕入れに来ると思われますので、出来れば開店と同時に入店できるように準備していかれることをおすすめします。

 

地元ならではの古本屋もおすすめ

また、ブックオフのような大手店舗だけでなく、地元ならではの古本屋などがあれば、ぜひチェックしてみて下さい。

 

ブックオフなどの大手店舗では、「せどり」が社会に浸透しすぎ、リサーチ行為を禁止している店舗もあれば、Amazonでの販売価格を意識して値決めがされているケースもあります。

 

一方で、町の小さな古本屋には、そこまでの対策がされていないことが多く、すごいお宝が眠っている可能性だってあります。

 

もし、自宅近くにあるようでしたらぜひ次の休みの日でも立ち寄ってみてください。

 

まとめ

本せどりは、少ない資金から始めることの出来るせどり初心者が参入しやすいジャンルです。

 

ライバルが増えやすいというデメリットも確かにありますが、

 

中途半端な気持ちで、「とりあえず本せどりから初めてみた」という人も必ず一定数いて、そのような人は残念ながらあまり長続きしないでしょう。

 

リスクが小さいとはいえ、しっかりとこの本せどりで稼いでいくんだという強い覚悟と、続ける根性があれば、本せどりは少しずつ確実に売り上げをあげていくことの出来るジャンルです。

 

ぜひ頑張っていきましょう。

 

ではでは。

 

Twitterフォローしてね!